地金・金の延べ棒に関して

金地金とはよく漫画などで出てくる、「金の延べ棒」や「ゴールドバー」という物になります。金属塊・インゴットバーともいいいます。その金の延べ棒というべき金地金はサイズがある程度決まっており
主に1kg、500g、300g、200g、100g、50g、20g、10g、5gなどがありますが会社により異なる事は有る。

・「ゴールドバー」はその名の通り、「金の棒」である。

・「インゴットバー」は「鋳塊(ちゅうかい)」金属を製錬後、鋳型に流し込んで固化させた金属の塊を意味します。
金を資産目的で保有する場合は、金地金、ゴールドバーで保有することが「一般的」です。

・「スモールバー」とは、通常「金地金の流通」には用いられない、「重量が一定以下」の金地金を指します。
基本的に国内で流通している金地金で、「バーチャージ」(地金の取り扱い時における別途売買手数料)を取られる金地金、大体「500グラム未満」の金地金が当てはまります。
この手数料を「スモールバーチャージ」とも呼ぶので、「500グラム未満の金地金」のことを「スモールバー」と呼んで差支えないかもしれません。

 

 

◆金・プラチナ高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

:関連記事

Comments are closed.