金・歴史//金・プラチナWiki・金プラチナ買取販売情報

【金の歴史】

世界で始めて貴金属として扱われ、装飾品に使われてきた金。その歴史はすでに紀元前にさかのぼるといいますから、何千年もの歴史を誇るのですね。歴史上最も有名だと思われるものは、ツタンカーメン王の黄金のマスクだと思いますが、これは紀元前1300年代に作られたものとされています。しかし、最古の歴史にあるものでは、古代シュメール人が紀元前6000年頃、すでに金装飾を用いていたという話もあるくらいです。

【古代~現代、金の価値】
[1533年]
・大量の金を保有していたインカ帝国が滅亡し、数十億円分の金がヨーロッパに流入。
[1813年]
・イギリスで通貨価値を金で保障する世界初の「金本位制」が確立し、貨幣が流通する。
[1848年]
・カリフォルニアで金鉱が発見され、ゴールドラッシュとなる。
[1871年]
金1Gの平均価値:67銭
・日本で金本位制が採用され、明治政府が「1円=金1.5g」とする。
[1914年]
金1Gの平均価値:1円34銭
・世界中に広がった金本位制が、第一次世界大戦により各国で中止する。
[1919年]
金1Gの平均価値:1円36銭
・アメリカが金本位制を復活させ、各国も続いて再び採用する。
[1929年]
金1Gの平均価値:1円39銭
・金本位制が機能しなくなるほどの世界大恐慌が発生したため、全ての国が金本位制を放棄した。
[1944年]
金1Gの平均価値:4円61銭
・「金1オンス=35ドル」と米ドルを基軸通貨にし、各国の通貨と交換比率を定めたブレトンウッズ体制が採用され、固定相場制となる。
[1971年]
金1Gの平均価値:775円
米ドルの発行額が金地金の量を上回り、交換を取りやめ。1970~1973年3月までは775円の固定相場であった。
[1977年]
金1Gの平均価値:1341円
・固定相場制から変動相場制に移行され、金本位制が終了。
[1980年]
金1Gの平均価値:4499円
金融自由化などを経て、6,945円という史上最高値を付けた後に急落する。この年の最安値は3,645円で、1年で3,000円以上の下落幅を記録する。
[1989年]
金1Gの平均価値:1725円
・1985年のプラザ合意、1987年のブラックマンデーがありながらも、日本は空前の好景気で日経平均株価が4万円台に迫り、金への投資マネーが激減する。
[1998年]
金1Gの平均価値:1287円
1991年のバブル崩壊後も一貫して下がり続け、1994年に1,109円を記録。さらにアジア通貨危機が襲い、1998年には一時865円という史上最安値で大底を迎える。
[2000年]
金1Gの平均価値:1014円
世界がミレニアムを迎えた節目の2000年、株や為替が盛り上がりを見せ、資金が金から離れたため、金の年次平均価格は最低を付ける。
[2003年]
金1Gの平均価値:1339円
下落基調が続いていた金価格は、アメリカのイラク攻撃などによる有事で、上昇トレンドへと移り変わる。
[2006年]
金1Gの平均価値:2287円
北朝鮮によるミサイル発射、イスラエル軍のレバノン侵攻などの有事で、安定力のある金に資金が集まる。
[2008年]
金1Gの平均価値:2937円
大底の2000年からわずか8年で、約4倍以上の3,336円に迫るが、リーマンショックと同時に現金の確保が急務となり、金価格は一時的に下がる。
[2009年]
金1Gの平均価値:2951円
世界同時不況の最悪期から脱したものの、二番底も懸念され、株価、為替、石油、先物に不安定さが隠せない。金に投機マネーが集中し始める。
[2010年]
金1Gの平均価値:3594円
中国やインドの金需要が高まると同時に、ドルやユーロの通貨不振、さらに株取引などの低迷から、安全資産である金への買いが集中する。

 

 

◆金・プラチナ高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

:関連記事

Comments are closed.