金に関する豆知識その1//金・プラチナWiki・金プラチナ買取販売情報

【金・概要】
貴金属の一種であり、単体の金属として古くから知られてきた。元素記号は Au であり、これはラテン語で金を意味する aurum に由来する。
柔らかく、可鍛性があり、重く、光沢のある黄色(金色)をしており、展性と延性に富み、非常に薄くのばすことができる。「こがね/くがね(黄金: 黄色い金属)」とも呼ばれる。同族の銅と銀が比較的反応性に富むこととは対照的に、標準酸化還元電位に基くイオン化傾向は全金属中で最小であり反応性が低い。熱水鉱床として生成され、そのまま採掘されるか、風化の結果生まれた金塊や沖積鉱床(砂金)として採集される。
金は多くの時代と地域で貴金属としての価値を認められてきた。化合物ではなく単体で産出されるため装飾品として人類に利用された最古の金属である。銀や銅と共に貨幣用金属の一つであり、貨幣(金貨)として使用され、流通してきた。ISO通貨コードでは XAU とあらわす。また、医術、エレクトロニクスなどの分野で利用されている。

【金・純度】
金の純度は、24分率で表される。その場合、純金は24金、24カラット (Karat)、あるいは、K24 と表す。そして、金の含有率に従い数値を変えていく。例えば、18金は金の含有率が18/24、すなわち75 %であることを表し、装飾品に750と刻印される。なお、このカラットは宝石の重量を表すカラット (carat) とは異なるものである。
日本では99.99 %以上の純度の金を24カラットと表示して良いことになっている。
このほか、純金の度合いを0.995などのように0から1の間の数値で表すこともある。
[カラット (Karat) ]
現在でも金の装飾品や万年筆のペン先の純度表示に使われている。
ちなみに金の純度を24分率で表す単位のことで、24K(24金)とは純度の24分の24を表す(純金)。22K(22金)なら24分の22 (91.67 %)、18K(18金)なら24分の18 (75 %)。

 

 

◆金・プラチナ高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

:関連記事

Comments are closed.