金プラチナ買取販売情報//プラチナ・脚光を浴びた理由・始まり



プラチナ・脚光を浴びた理由・始まり




【プラチナ・脚光を浴びた理由・始まり】
一般社会でも絶対的な地位を確立したのは、カルティエの3代目であるルイ・カルティエ(1875−1942年)により「プラチナこそ貴金属の王である」と語られており、その内容としては、この時代まで主要な素材として使われてきた銀では、強度などの問題やダイヤモンド等の鉱石を支える台座などに繊細さを加える事は不可能とされてきました。
また、銀は酸化に弱く時ともに黒ずんでしまうため、ダイヤモンドを支えるはずの台座により、輝きを鈍く見せてしまいます。
その点プラチナは、強度があり酸化に強い特性を持っており、緻密なデザインを必要とするダイヤモンドなどを支える上で「プラチナがダイヤモンドを最高に引き立てる貴金属である」と、言わしめたのです。
現在では、結婚指輪等のブライダルジュエリーでは、「ダイヤモンドは永遠の輝き」と、ともにプラチナも永遠の愛の象徴つして女性を魅了しつづけています。

◆金・プラチナ高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店


:関連記事

Comments are closed.